プラセンタってよく聞くけど・・・どういうもの?

プラセンタとは「胎盤」のことです。

これまで、プラセンタというと豚プラセンタのことを指すのが常識でしたが、最近では、豚プラセンタのアミノ酸含有量が約296倍と言われる馬プラセンタが主流となってきました。

プラセンタは安全性の問題が囁かれていましたが、有効成分以外のものは抽出段階で完全に除去できるレベルになってきたため、今では安心して使うことができます。

育乳に有効な理由としては、プラセンタは細胞活性能力や血行促進能力に優れているため、乳腺が刺激されやすくなるからです。また、ホルモンのバランスを調整する能力にも優れ、過剰に分泌されたホルモンをおさえることで女性特有の病気の発症を防いでくれます。

プラセンタはただの栄養成分ではなく、グロース・ファクターと呼ばれる成長因子によって細胞の分裂をコントロールします。化粧品や健康食品に利用されているのはこういう理由からです。

気になる効果効能としては、美白効果や代謝機能の促進、自律神経の調整、バストアップなど色々な効能が証明されてきた成分です。

プラセンタとは英語で言う胎盤のことですが、その名前の由来は古代ローマ人が食べていた丸い形のお菓子をプラセンタと呼んでいたので、丸い形の胎盤がプラセンタと呼ばれるようになったという話があります。

バストアップ効果に加えて美容効果も望める成分ですので、プラセンタは正に女性のための成分といえるでしょう。


おすすめのテーマ ⇒ 美容成分 プエラリア